共栄堂について

スマトラカレー共栄堂
TEL:03-3291-1475
営業時間:11:00~20:00
(L.O.19時45分)

共栄堂について

共栄堂は、大正13年に創業いたしました。
以来、変わらぬ味と品質を守り続けております。
ぜひ一度、足をお運びいただき、日本で唯一のスマトラカレーをご賞味ください。

共栄堂の歴史

明治の末、行き詰まった日本から脱出して南方雄飛を 志した長野県伊那の伊藤友治郎は、広く東南アジアに 遊び知見を広めて、南洋年鑑を著わす等、南方の風俗 を紹介、通商貿易に大いに貢献しました。彼の地の風物 を愛した氏は、大正の末、京橋南槇町今の東京駅近くに 「カフェ南国」という、当時としては斬新なカレー、コーヒー の店を開きましたが、関東大震災のため瓦解しました。 氏よりスマトラ島のカレーの作り方を教わり、私共の口に 合う様アレンジしたものが、共栄堂のカレーでございます。

共栄堂の歴史

スマトラ島は、インドネシアでカリマンタンの次,2番目 に大きな島で、西海岸沖の小さな島々とともにインドネ シア共和国の一番西にあります。赤道をはさんで北西、 南東の方角に広がっています。面積は47万3606平 方キロメートルで日本の約1.3倍もあり、インドネシア 全体の25%を占めています。気候は熱帯多雨で、 島の多くは密林に覆われています。火山山脈が南北に 島を貫き、クリンチ山、ムラビ山など50以上の火山が 点在しています。また島南部の深い熱帯林は、高さ 50mにも達する木々からなり、カブトムシやクワガタを はじめ巨大昆虫の世界有数の宝庫として知られています。

共栄堂の店内にはスマトラ島の守り神や、置物、壁絵などがあります。 メニューの表紙は、伊藤友治郎氏が描いたスマトラ島の絵です
昔のスマトラ島の写真 スマトラ島の守り神 スマトラ島の木彫の人形